汗をかきやすい2つの体質と、食事による改善方法

人それぞれの体質

1日に何度も制汗剤を塗り直さなければならないとか、脇汗パッドがすぐに濡れてしまうという人は多汗症かもしれません。

大量に汗をかきやすい体質は色々あり、それを改善する食事方法はそれぞれ違っています。

体質改善の食事方法は人によって違いがあります

例えば、いつもストレスが多い仕事をしていて、緊張感が絶えないような生活をしている場合は、精神性発汗と呼ばれる汗をかきやすい状態になっています。

このようなタイプの人は、いつも何かしら悩みを抱えていたり、頭脳労働をしていて頭をフル回転させたりしているので、とにかく心身が疲れやすい状態に陥っています。

甘いものについつい手を出しがちなのですが、甘いものは確かに一時的に幸福感が増し、リラックス効果を期待することができる反面、食べ過ぎてしまうと、後で大きな反動を引き起こしてしまいます。

甘いものを食べてリラックスしたい時は、ドライフルーツや黒糖、はちみつなどの自然食材を選ぶようにしてください。

また、胃腸に負担をかけてしまうと、これも体調不良に陥って精神性発汗を引き起こす原因となります。

乳製品や肉類などの摂取や、ナッツのような油を多く含むものは避けるようにしましょう。

体に余分な熱や水分をため込んでる人

続いて汗をかきやすい体質2番目は、体に余分な熱や水分が溜まっているタイプの人です。

このような人は、不規則な生活をしていることが多く、例えば毎日夜更かしをしているとか、暴飲暴食をしている、喫煙習慣が止められないというタイプの人がそれに当たります。

このような生活をしている人は、常に喉や口が乾くので、水分を摂取しているのですが、体の中から熱や水分が取り除かれないので、常に汗をかきやすい状態にあります。

このようなタイプの人は、豆類を使った食事を取り入れることをおすすめします。

納豆や豆腐、豆乳などの豆類は、余分な熱や水分を体内から排出する働きがあるので、これらを使った食生活に改めていくと、しだいに大量の汗から解放されていきます。

毎日白米を食べているなら、時々、豆ご飯や雑穀米にしてみるのも良いでしょう。

雑穀米なら、普通の白米と一緒に雑穀を入れて炊くだけなので、調理に手間がかかりません。

おやつには、卵や牛乳など動物性食品を多く使っている洋菓子よりも、あずきを多く使っている和菓子を食べるようにしてください。

また、きゅうりやニガウリなどのウリ科の野菜や、トマト、ナス、ピーマンのような夏野菜も余分な熱や水分を逃がしてくれる食材ですので、毎日の食事にプラスしていけば、汗をかきやすい体質が改善されていくでしょう。

コメントする