3つの汗をかきやすくなる原因と食事による改善方法

3つの改善法

自分は汗をかきやすいと思っていても、それは、体質だから変えることは出来ないと思っていませんか?

汗をかく原因には体質が原因だけでなく、例えば精神的なストレスが原因であったり、ホルモンバランスの乱れであったり、内臓のエネルギー不足であったりします。

これらが原因である場合には、食事を改善するだけで、大量の汗をかかなくなる可能性があるのです。

毎日脇汗がひどくて、制汗剤が手放せなかったという人も、食事を変えていけば、それほど制汗剤に頼る必要がなくなるかもしれませんから、これからご紹介する食事内容を実践していってください。

実践できる改善方法【リラックス編】

一つ目の精神的なストレスが原因の場合は、リラックスすることが大切です。

そんなに簡単にリラックスする習慣に慣れないと思うかもしれませんが、まずはハーブティーから始めてみてはどうでしょうか。

ジャスミンティーやローズティー、はと麦茶がおすすめです。

また精神的な疲労が続くと甘いものが欲しくなりますが、そんな時は、ジャンクフードではなく、はちみつやドライフルーツなどの自然食材を選ぶようにして、胃腸に負担をかけないようにしましょう。

実践できる改善方法【ホルモンバランス編】

二つ目は、ホルモンバランスの乱れによる汗です。

特に女性の場合は、妊娠や生理の時期にホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。

もう少し年齢がいくと、更年期に入り、この時期も女性ホルモンが乱れやすくなってしまいます。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少によって、発汗やめまいなどの体調不良を引き起こしてしまいますから、エストロゲンと似た働きをする納豆などの大豆製品を摂取するようにしてください。

また、ぶどうやいちご、レモン、梅などの酸味を感じる食品を食べるようにすると、ホルモンバランスが乱れて塞ぎがちな気持ちが、前向きにな気持ちになる可能性が高まります。

あるデータによると、酸味を味わった後は意欲的な行動を取れる確率が上がることがわかっており、もちろんこれには、個人差があるので一概には言えませんが、ホルモンバランスの乱れによって、イライラして汗をかきやすくなったりするのを、酸味を味わうことで防いでくれる可能性があるので、食事に取り入れてみるのも良いでしょう。

内臓を鍛えて皮膚バリアを増やそう

最後に内臓エネルギーが足りない人は、皮膚のバリア機能も低下するので、汗をかきやすくなってしまいます。

エネルギー不足の人は、エネルギーを増やす食事に改善していくことが不可欠です。

だからといって脂っこいものや、動物性食品を多く摂るのではなく、山芋や人参、さつまいもなど、根菜類を多く摂取するようにして、胃腸に負担をかけずに、エネルギーを補給していってください。

コメントする