動物性タンパク質の量を少なくする食事にして汗をかきにくくしよう

動物性タンパク質を減らす

大量の脇汗や手汗などが吹き出てしまって困る人は、ひょっとしたら食事が原因かもしれません。

動物性のタンパク質を減らすためにできること

人間は体のほぼ全域に汗腺がありますから、どんな人でも暑いと感じたり、ストレスを感じたりすれば、汗をかくものです。

しかし一般の人よりも汗を多くかき、かつ日常生活に支障をきたすようであれば、多汗症の疑いがあります。

近年では多汗症に有効な治療法が出てきていますから、そちらを試してみることをおすすめしますが、自分でできる汗を抑える方法として、食生活の改善があります。

例えば現代人は、仕事が忙しくて、ついつい食事を簡単に済ませてしまいがちです。

特にインスタントやレトルト食品、外食などで食事を済ませてしまうと、どうしても動物性タンパク質が多い食事内容となってしまいます。

動物性タンパク質は炭水化物などに比べると、より多くの代謝エネルギーが必要となるので、体が温まり、汗をかきやすくなってしまいます。

しかもタンパク質や脂質が多い食事は、汗の臭いも強くなってしまいますので、ワキガや体臭、口臭の原因となってしまいます。

まずは毎日の食生活を見直して、動物性タンパク質の割合を低くするように心がけてください。

おすすめは和食!おばあちゃんの家の食事

おすすめは和食で、和食であれば、お味噌汁や豆腐、納豆など大豆製品が多く登場します。

大豆などの豆類には、余分な熱や水を排出してくれる働きがあるので、汗をかきやすい人にはおすすめです。

しかも大豆には、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをしてくれるので、ホルモンバランスが乱れている女性には、うってつけの存在です。

全ての女性は女性ホルモンのリズムによって生活していますが、仕事や人間関係でイライラが続いてしまうと、すぐにホルモンのバランスが崩れて体調不良を引き起こしてしまい、中には大量の汗が吹き出る人もいます。

妊娠や出産、月経、生理前などは、女性ホルモンが乱れやすい時期であり、この時期にホルモンバランスを崩さず、健康的に過ごすためには、大豆製品を毎日の食生活に取り入れることが大切です。

忙しくて時間が無いなら、納豆や豆腐を食べるなどして、上手に摂取していくようにしてください。

いきなり動物性タンパク質中心の食生活から、和食中心の食生活に変えるのは結構大変です。

食事の改善自体がストレスになってしまって、余計に汗をかくようになっては元も子もないので、できる所から始めてみることが大切です。

食事は多くの人にとって楽しみの一つですから、楽しみながら改善していきましょう。

コメントする