食事を肉類中心から野菜や果物中心に改善していって脇汗やワキガの悩みを解消しよう

野菜や果物

脇汗が多いと、どうしてもワキガなどの臭いが気になりますよね。

そもそも汗には臭いがないのに、どうしてあのツンと来るような嫌な臭いを発するのかというと、汗の中に含まれるタンパク質や脂質が増えてしまうことで、皮膚に存在している常在菌の繁殖してしまい、悪臭を放つようになるのです。

特に脇や足などは湿度が高く高温なので、常在菌にとってはまさに天国のような場所です。

そのため汗にタンパク質や脂質が多いと、途端に脇や足が臭ってしまうのです。

タンパク質の量を減らせば改善できるなら肉類を減らせばいい

汗に含まれるタンパク質や脂質の量を減らすには、食事の内容に気をつけることが重要で、その中でも肉類の摂取を控えることが大切です。

肉類を食べることで、エネルギーが発生し、よけいに脇汗などをかきやすくなりますから、肉類の摂取はお皿1枚分など、適量にとどめておきましょう。

チーズや乳製品なども肉類と同じように動物性タンパク質ですから、汗をかきやすくし、かつ汗の中のタンパク質や脂質を増やす原因となります。

女性はチーズや乳製品がお好きな人が多いですが、こちらも、ほどほどにしておきましょう。

アルコールも脇汗や体臭改善に重要です。

アルコールを摂取することで、体内にアセトアルデヒドが発生し、これが臭いの元となります。

またアルコールを飲んだあとは喉が乾きますが、喉が乾くということは唾液が少なくなるということなので、口臭の原因となります。

アルコールの摂取も適量に抑えておきましょう。

その他にも食事の改善方法として、香辛料を多く使ったものを食べないとか、にんにく料理を食べないなどがあります。

香辛料やにんにくは、体に良い影響を与えたり、食欲を増してくれたりする、大変重要な食材ですが、ワキガや脇汗に悩んでいるのであれば、控えたほうが良いでしょう。

減らすのではなく、野菜や果物を多くとればOK

前述した食事内容を実践していくと、食べる楽しみがなくなってしまうと嘆いてしまうかもしれません。

しかし食事内容を今までの動物性タンパク質中心のものから、野菜や果物を多く摂取する食事に改善していくことで、汗の悩みが改善されていくので、取り組んでみる価値はあるのではないでしょうか。

大きく変更しなくても、例えば緑黄色野菜を使った鉢を増やしてみるとか、めかぶ梅干しなどのアルカリ性食品を1週間に2~3日取り入れてみるころから始めてみても良いのではないでしょうか。

肉類が無いとどうも味気ないと思っていた食事でも、しだいに野菜や果物の美味しさに気がつき、食事が楽しくなるはずです。

もちろん動物性タンパク質の摂取も必要ですから、無理に無くそうとせずに、少しずつ改善していくようにしてください。

1件のコメント

コメントする